Dogwoodの池上日記

地元大田区池上・蒲田と軽井沢・信濃追分を愛するDogwoodの日々徒然日記。

ユートピアが再結成!我熱烈願再来日!

ここ2日連続で、ネガティヴな内容になってしまったので、ここらで個人的に、嬉しい話題をひとつ。

中学生の時から、邦楽、洋楽問わずロックやポップス、R & B、プログレ等等、つまり音楽全般が大好きで、下手クソながらバンドもやっておりました。学生の時、バイト先の洋楽大好き店長から教えてもらい、カセットテープが擦り切れるほど聴いたのが、Todd Rundgren(トッドラングレン)という天才肌のギター&ボーカル率いる4人組のロックバンド、Utopia (ユートピア)。曲の良さ、高い演奏テクニックに加えて、メンバー全員が歌えてハモれるという、3拍子揃ったバンド。1992年にユートピアで来日した時、2015年に閉館した五反田「ゆうぽうと」に行った時のことをこのブログに書きました。

 

 

その後、ユートピアは活動停止状態(2011年に短期間で活動していた模様)に。トッド先生は、2015年フジロックにソロで出演した際、ギターも弾かずに、DJとド派手な女性ダンサーを横にタンクトップで踊りまくるという、往年のファンを大仰天&失望させた噂を耳にしました。しかし、こうしてフジロックの写真を見ると、どうやら本当だったよう(笑)さすが天才レジェンド、奇人変人のトッド大先生。御年70歳にして、この元気さ。さすがです!

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180422170807j:plain

 客席で目がテン、口あんぐりのファンの方々が目に浮かびます。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180422170822j:plain

それでも、翌2016年には、リンゴスターのバックメンバーに名を連ね来日していたトッド先生。たまたまオーチャードホールのライブに行った人に見せてもらったパンフレットに、トッドの名前を見つけて驚愕したのを覚えています。この時のツアーギタリストは、TOTOのスティーブルカサーという超豪華メンバー。行きたかったなあ。

 

ただ、ワタクシDogwoodが、このユートピアというバンドで、トッド以上に好きなのが、ベースのカシム・サルトン (Kasim Sulton)氏。トッドの盟友でありながら、変人臭?が全くしない雰囲気と音楽性、センスの良さ。ベースだけではなく、ギターもピアノも弾けて歌も上手いという、まるでトッド師匠の「真っ当な弟子版」?。なんてコトを言ったらトッドラングレンのファンに叱られそう。でも、この人がリードボーカルで歌う曲に名曲が多いのも事実(個人の感想です)。トッドと並ぶ才能の持ち主だと言いたいだけなんですが。

 

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180422223126j:plain

 

 そんなトッドが、今年遂にユートピアを再結成して、32年振りに全米ツアーをするという嬉しい情報を目にしました。これは、その後是非とも来日して頂き、あの素晴らしいライブをもう一度!と切に願うDogwood でありました。

 

世の中には、Dogwood と同じような思いのユートピアファン、カシムのファンがいるのも事実です。1年前に書いたブログにコメントを頂いたSunHeroさんにも教えてあげたい!(もう知っているかな)

  

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180423220102j:plain

 Love Alone (1983) もMaybe I could change と並ぶ名曲です!

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180423220148j:plain

1992年のLiveをYoutubeで見れるとは良い時代ですね。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180423220211j:plain

 当時のパンフレット、ありました!

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180423222324j:plain

 

Kasimが歌うこのソロLive、鳥肌が立ちました。イイ歳の取り方の見本?!

 

お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 大田区情報へ
にほんブログ村

お山はカラス天国の無法地帯?

こんな写真を載せて何かを書くと、また一部の人から「肖像権ガー」とか「盗撮クソジジイ!」等とディスられそうですが、敢えて書きます。

ここ最近、池上本門寺周辺のカラスの数が、異常に増えていると感じている池上住民は、自分だけでは無いはずだから。

カラスに生ゴミを荒らされて、泣く泣く掃除した回数、数知れず。満開の桜の時期も、カラスの大群が枝から枝へと飛び回り、せっかく見事に咲いた花を、バッサバッサと蹴散らしていたのを、複雑な気持ちで見ていました。

 

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180421161413j:plain

 

数年前に東京都は、都内のカラス対策に、かなり力を入れていた時期がありました。池上本門寺でも、日朝堂で売っていた鳩の餌をやめたり、立看板を設置したり、色々対策を講じていたのも知っていました。

 

では、何故カラスが減らないか?いや、むしろ増えてるのか?不思議に思っていましたが、その理由が、早朝に犬と散歩をするようになってから分かりました。

 

お山でカラスにエサをあげている人が沢山いるからです。

 

そりゃあ、カラス天国になりますわな。

 

前にも書いた、ある特定の人だけでは無かったんです。片手では足りない数の人が、カラスや鳩や野良猫に、当たり前のようにエサをあげていたのです。

 

新たなる「お山の困った人」?が登場か? - Dogwoodの池上日記

 

 

日蓮聖人像の頭にもカラスや鳩が。

 この罰あトリめ!いや罰当たりめ

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180407164012j:plain

 満開の桜も、今年は特にカラスの多さが目立ちました。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180407164910j:plain

逃げるどころか、近寄って来るんだから困ったもんです。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180410232053j:plain

そのため道やお墓は、この有り様。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180422195848j:plain

力道山のお墓へ続く、人通りの無い小道では、中年の夫婦がカラスに餌付けしていたり。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180407165727j:plain

 カラスがついて来るのを楽しんでいる様子。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180407171355j:plain

 日蓮聖人像の前では、

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180407170049j:plain

 バッサバッサと撒いてるし。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180407170147j:plain

 カラスも誰がエサをくれるのかを分かっているのか、大群でやって来ます。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180407170240j:plain

 五重塔の裏でも別の女性がバッサバサ。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180414001139j:plain

 

 車の窓から撒く人も。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180415133657j:plain

 法養寺から五重塔へ向かう道でも。永寿院さんの塀にカラスを並べて餌付け中?それはないっしょ。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180421234343j:plain

 

これらの方々には、何度かやんわりと注意をしましたが、皆さん一様に「カラスになんかあげてない!」と、逆に睨まれたり、無視されたり。少なくとも、良くない事をしてる認識が全く無いのが不思議です。

 

でも、こればかりは誰かが注意をしていかないと風光明媚な池上が、カラス無法地帯になっちゃいますぜ。

 

 カラスに罪は無くても、結局はうなっちゃうんですから。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180407171651j:plain

五重塔の屋根にも大量のカラスが。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180415001949j:plain

 五重塔目と鼻の先にある池上会館の屋上では、談笑しながらポイポイと餌投げ。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180415002211j:plain

 屋上の注意書きにも、ひと工夫必要かと。注意したところで「カラスになんてどこにも書いて無いぞ!」と言われちゃいますから。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180421233640j:plain

 

上小学校の裏の柵には「鳥」で一括りの注意書きが。
 f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180407173159j:plain

 本門寺公園の弁天池には、生態系が乱れるという理由が書かれています。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180407173636j:plain

 五重塔横の立て看板は、いつもこの「伏せ」の状態。裏には何て書いてあるかというと、、

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180414001353j:plain

ナルホド、だからすぐ倒されちゃうのか?と勘ぐってしまいます。理由も書かれているんですけどね。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180407174149j:plain

 今はカラスの繁殖期なのだとか。それでもエサをあげてる人は、そんな事お構いなしなんでしょうか。困ったもんです。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180411225741j:plain

 

動物愛護も限度ってもんがあるでしょうに!という問題提起をさせて頂いたDogwoodでした。

 

お山周辺の困った人たち その3 (たぶん最終回) - Dogwoodの池上日記

 

お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 大田区情報へ
にほんブログ村

 

犬の糞やゴミを放置する大バカ者

池上本門寺の総門から池上通りへ向かう道(新参道)沿いにある美容院の店先に、なにやら紙が貼られているのに気が付きました。そして、その右上には巨大な極太ウ◯チが放置されているではないですか(お食事中の方、ゴメンナサイ!)

 うわーっ、これはないだろう。あんまりだ。お店の方には深く同情します。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180421163228j:plain

 紙には、こんなメッセージが。

 

犬の飼い主様へご協力のお願い

店の前に犬の糞を放置する方がいます。防犯カメラの映像で犯人はわかりますが、お名前などご存知の方はお教え願います。連日の放置にとても不快です。このままでは犬の飼い主さん全員がルールを守らない人に見えてしまいます。手ぶらで散歩させている方を、どうぞ教えてください。犬仲間の皆様にも拡散願います。

 

つまり、防犯カメラに映っていたのは、「手ぶらで大型犬の散歩をさせている人」という事になりますかね。数人の大型犬の飼い主さんの顔が浮かぶのも事実。

 

お店をやってるので「大人のメッセージ」ですが、もしも自分の家の前に、これをされたら間違いなく防犯カメラの映像を公開するでしょうね。「肖像権ガー」とか言われても。ゴミや犬のウ〇チを捨てられたら、こんな紙を貼りたくなる気持ちもわかります。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180421224757j:plain

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180421225733j:plain

 

このままでは犬の飼い主さん全員がルールを守らない人に見えてしまいます」

は、犬を飼う前の自分も「こんなところにカフェ」の前の道に、毎日のように犬の糞が放置されていたのを見て、そう思ったことがあります。なので、不快なお気持ちもよくわかります。

 

自分の犬の糞を片づけられない人が、犬を飼う資格はありません。マナー云々より、常識の問題かと。掃除するお店の人の気持ちをわかって欲しいと思います。お店の人の代わりに言います。この、、、大バカ者!

翌日、既に紙は剥がされていました。

 

池上の地雷通り? - Dogwoodの池上日記

糞害に憤慨する?池上の住人たち。 - Dogwoodの池上日記

糞害に憤慨する池上の人々 Part2 - Dogwoodの池上日記

 

お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 大田区情報へ
にほんブログ村

エリートが肉欲に溺れやすい法則は健在だった!

以前、こんなタイトルで、同じ会社にいた、超エリートのパイセン社員Nさんの事を書きました。筋肉バカを見返してやろうと猛勉強、東大現役合格、大学院卒、当時最高給の外資系入社で海外勤務、給料はDogwoodの3倍(当時)を、さらりと自慢しながら、バンコクの夜を爆走していった性豪Nさん。新潟の出身だったっけ。あれからどうしてるかな、、なんて思いながら、今回の福田財務次官のセクハラ辞任と、米山新潟県知事の援交辞任のニュースをテレビで見ていました。そして、自然と口から出たのが、この言葉。

 

「あ〜あ、まただよ〜」

 

奇しくも、二人とも東大卒のエリート街道ど真ん中を歩いてきた方々。パイセン社員のNさんとも、ほぼ同世代。それが、どちらも「女性」というキーワードで辞任するハメに。ん?、ハメられた?いや、ハメたのか。まぁ、いいや。きっとハメを外し過ぎたのだろうと。何だかなぁ。

 

セクハラを擁護する気も、エリートを批判する気もないけれど、この人たちチョッとさぁ、、

 

股が、、いや脇が甘いんじゃないでしょうか。

 

マスコミのやり方もセコい。テレ◯と聞いてやっぱりなと。女性記者が1年以上も前からセクハラに悩んでいたという(テ◯朝談)のに、サシでの酒の席の取材(◯レ朝談)に行かせるか?普通。都合の良い事ばかり言う会見を見てると、もう「倒閣目的の仕込み」にしか見えないんだけど。(捉え方は、人それぞれですから悪しからず!)

 

まぁ、それは置いといて「エリートが肉欲に溺れやすい法則」は、相変わらず健在でした(ニヤリ)。そして、ドヤ顔のDogwoodでした。

 

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180421003053j:plain

 

お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 大田区情報へ
にほんブログ村

閉店からの、本門寺蕎麦が準備中。

 閉店ガラガラからの一転シリーズ第2弾(そんなシリーズあったっけ?)

今年に入り、池上周辺で閉店するお店が相次いでました。霊山橋傍の大きな石塔が目印の蕎麦屋「智屋」にも閉店のお知らせが貼られていたのが、1月のこと。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180324133706j:plain

 この後どうなるのか、ちょっと心配になったのも束の間、、

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180311222448j:plain

お店に、別の貼り紙があるのに気が付きました。近寄って見ると、、

十割蕎麦「古賀」というお店が、「3月中旬オープン予定」とあります。ん?この時、もう既に3月の後半。桜散っちゃうよ〜、、ってもう散ってましたね。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180324132738j:plain

 もう横浜瀬谷区にあるお蕎麦屋さんの2号店だそうです。楽しみ。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180407133239j:plain

と思ったら、いつの間にか3月中旬から、「4月上旬」に変わっていました(笑)

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180328223959j:plain

まあ、この時はまだ4月の上旬。焦らない、焦らない。東急蒲田駅のしぶそばで我慢、いや満足します。と思った翌日、前を通ると4月18日オープンになっていました。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180407133016j:plain

そろそろかな〜 と、お店の前を通ると今度は、月24日に!いやいや刻むなぁ~(笑)

でも、店頭に製粉機?がお目見えしていました。いよいよですね。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180419220839j:plain

より良いお店作りのため余念がないとみました。お蕎麦好きなDogwood 、焦らされ続けていますが、開店を楽しみにしてます。

 お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 大田区情報へ
にほんブログ村

1周回って蒲田の和鉄!

蒲田は、都内でも屈指のラーメン激戦区。西口、東口共に沢山のラーメン屋がしのぎを削っています。短いスパンでの閉店や、入れ替わりも多い中で、この「和鉄」だけは、味も値段も変わらずに、もう10年以上食べ続けています。Dogwood家では、抜群の安定感、不動の1位を誇るラーメン屋さん。行列の出来る店が、必ずしも名店ではない事を証明してくれるお店と言っても過言ではありません。(行列は、時間によっては出来るかもです。自分は幸い並んだ事はありません)

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180415122154j:plain

 まぁ、ラーメンは行列に並んで食べるものではないと、昔から思っているもので。

この日は妻と2人で来店。以前お店で貰ったチケットを見せれば、100円トッピングか、大盛りのサービスを受けられます。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180418161333j:plain

妻は中華そば 680円に、茹でキャベツをトッピング。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180415122216j:plain

Dogwoodは 白味噌ラーメンにも春キャベツを。シャキシャキ感最高!

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180415122240j:plain

 さらに、夜6時半以降は、ミニチャーシュー丼も無料(但し数量限定)になります。これだけ食べて600円代というのはお財布に有難いものです。

蒲田のラーメン店、西も東もほぼ回って来ましたが、一周しても総合点で和鉄を超えるお店はありません。好みは人それぞれですが、是非とも、このまま長く続けて頂きたいと願うDogwoodでした。


 

お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 大田区情報へ
にほんブログ村

都営住宅の入居者募集案内の謎!?

 町の掲示板シリーズ(そんなシリーズあったっけ?)の続編です。前回、謎の「集団ストーカー」防犯ポスターがあった同じ所に、今度はこんなものが貼られていました。

 

 

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180415001302j:plain

 

集団ストーカー?の防犯ポスター! - Dogwoodの池上日記

 

まあ、よく見る都営住宅の申し込みの案内ポスター。昔、自分も都営、県営住宅には何度も申し込んだけれど、抽選に当たったことは一度もありませんでした。

そして何気なく読んでいくと、中ほどの抽選方式と、上から3行目の文言に目が止まりました。

 

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20180415001620j:plain

 

普通、抽選方式と言うと、申し込み順とか、くじ引きとか、ジャンケンとか、そんな「手段」を思い浮かべますが、ここには、

 

「病死の発見が遅れた住宅等」

 

と書いてあります。「等」というのも、なんだか気になる。

 

でも、それって抽選方式と言うより、抽選対象のことですよね。そう書いた方がわかりやすい気もしますが。

 

高齢化社会の現代故、仕方がない事ではありましょうが、「病死の発見が遅れた住宅」って、亡くなって数ヶ月たって見つかるような「孤独死」の物件も含まれるということかな。そうハッキリ書かない所に、住宅供給公社さんの苦しい胸の内が見え隠れすると思うのは、Dogwood の考え過ぎでしょうか。

ネットで調べると、池上から最も近い西蒲田の都営住宅で、3LDKの部屋が月約14万円だそうです。勿論補助もあるそうですが、これを高いと思うか安いと思うかは、アナタ次第!という事でしょうかね。

 

お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 大田区情報へ
にほんブログ村