読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dogwoodの池上日記

地元大田区池上・蒲田と軽井沢・信濃追分を愛するDogwoodの日々徒然日記。

池上本門寺の春まつりに、ノットフリー登場!

4月に入り、ここ池上周辺も桜の開花が加速してきました。 池上には本門寺をはじめ、多くの桜の名所があり、週末には桜まつり、春まつりのイベントが各所で行われていました。4月1日と2日は、池上本門寺「春詣(はるもうで)」の、春まつりが開催されていたの…

「終わり」の後に「始まり」が。エフヨコ「モーニングステップス」 も最終回!

日本では4月から新学期、新年度が始まります。街や駅にも、一目でわかる新入社員や、新入学生を見かけるようになりました。服もカバンもピカピカの新品で、社会の荒波にもまれていない、希望に満ちたハリのある表情ですぐにわかります。 まぁ、それでも1年…

昔大好きだったバンド「パンタ&HAL」の話

古い話で恐縮ですが、Dogwoodが中学から高校生の時に大好きだった日本のロックバンドの話です。興味のない方はスルーでお願いします。 小川銀次さんがいた頃のRCサクセション、初期のARBなどと並んでDogwood少年が大好きだったのが、「パンタ&HAL」というロ…

今も記憶に残る洋楽ライブ ローリングストーンズ編

ラッシュ、ユートピア、エイジアと、印象に残っている来日ライブを紹介してきましたが、この大ベテランを外せません、ローリングストーンズの2014年3月4日、東京ドームのライブにも行っていたのを、ついつい忘れていました。実はDogwood、1988年のテキサス州…

今も記憶に残る洋楽ライブ エイジア編

前回、カナダのロックバンド「ラッシュ」、「トッドラングレン&ユートピア」と、Dogwoodの記憶に残る来日公演を2つ紹介しましたが、まだ他にも印象深い日本公演がありました。 ジョン・ウエットン(元キングクリムゾン、UK)、スティーブ・ハウ(元イエス…

あのロックバンドのPVに次男が?!

次男が着ていたTシャツに、ゴミバケツから顔と手足が出た男が、寂しそうに膝を抱えている、シュールな絵が描かれていました。その横には「忘れらんねえよ」という文字が。「お前、何それ?何か、やなコトあったの?」聞くと、「忘れらんねえよ」というのは、…

今も記憶に残る洋楽ライブ ユートピア編

田園調布に家が建つ!のユートピアではありません(古い)。トッドラングレン&ユートピアという4人編成のロックバンドです。1992年5月、五反田ゆうぽうとでの来日公演に、結婚する前の妻と行ったライブです。トッドラングレンと言えば、70年代から80年代にか…

蒲田駅のホームに、あのバンドの看板が?

会社帰りの東急蒲田駅の構内で、池上線のホームに、何やら場違いに大きな看板が目に止まりました。それが、これ。停車中の池上線の車内から撮りました。 文字がすぐに読めないのは歳のせいですが、ん?何なに? 「ノットフ、?赤い英語の文字は、 KNOT FE 」…

スローライブ3日目最終日は、、、

午前中から急用が入り、世田谷の実家への往復の後に、大井松田まで出掛けて、結局家に着いたのは、夜の8時過ぎ。疲れていましたが、どうしても会場の近くで、スローライブを聴きたくて、急ぎ足で本門寺の五重塔の前へ向かいました。おっと、虫よけと、缶チュ…

スローライブの2日目最高でした!

昨日のスローライブ初日は、平日のため、スタートが夜7時と遅く、秋風と虫の声の中で、のんびりと缶チューハイを飲みながら、会場の外で椅子に座って音楽を聴いていました。 2日目は、スタートが昼の2時半です。トリのチャーまで、6時間の長丁場です。この日…

明日から3日間、本門寺スローライブが開催されます!

今日から9月、心なしか昨日よりも空が高く感じます。今朝、プー丸との散歩の帰り道、本門寺と五重塔の間にある広場に、テントが幾つも出来ていました。そう、明日9月2日から3日間、毎年恒例の「本門寺スローライブ」の準備が始まっていました。良く見ると、…

今も記憶に残る来日公演 RUSH編

中学2年の時に、日本武道館に観に行った、ボストンを皮切りに、中学、高校生の時はRC、ARB、パンタ&HAL、チャー、小川銀次&クロスウインド等にハマり、お小遣い、アルバイトでお金を貯めては、ライブに足を運びました。その他洋楽では、エイジア、トッド・…

初めて行った洋楽のライブ ボストン編

洋楽も邦楽も、ロックもジャズも歌謡曲も好きなDogwoodの、初めて洋楽(外タレと呼んでました)のライブに行った時のことを少し書かせて頂きます。1979年4月、Dogwood少年が中学2年生の時でした。Don’t look back 、More Than a Feelingなんかが流行っていた…