読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dogwoodの池上日記

地元大田区池上・蒲田と軽井沢・信濃追分を愛するDogwoodの日々徒然日記。

軽井沢「アリスの丘」の今昔と「忘れんぼのバナナケーキ」

その昔、バブル全盛期の頃だったでしょうか、会社の同期の男友達と軽井沢へ遊びに行き、バイパスそばの「アリスの丘」のそばを通った時、お店の前にたくさんの2人乗り自転車が止まっているのを、車の中から見た記憶があります。テラスやお店の中も、大勢の若い女性で賑わっている様子を見たときに、「ああ、こういうオシャレなお店には、一生行くことはないだろうなあ」と思ったものでした。あれから数十年!(きみまろか?)がたち、2011年に初めて「アリスの丘」に足を踏み入れ、家内の念願だった「わすれんぼのバナナケーキ」を買い、池上の家に持ち帰って食べました。私は、お店のオーナーで、作家の故・森村桂さんにお会いしたことも、著書を読んだこともなく、亡くなったのも、確か軽井沢ビネットの記事で知った位ですので、正直なところお店やケーキにも、それ程感動はしませんでした。店内の様子に、栄枯盛衰を感じ、応対してくれた、ご年配の女性が、とても穏やかで素朴な感じたったのを記憶しています。昔、外から見たあの華やかな印象とは全く違い、月日が経ったのを実感しました。

その後、調べているうちに、森村桂さんは、その昔池上本門寺のそばに邸宅をお持ちだったことや、愚息が偶然にも大学の後輩だったこともわかり、何だか急に身近に感じてきました。池上にお住まいになっていたかどうかは分かりませんが、現在の永寿院さんの古墳のところだそうです。それはまたの機会に書かせて頂きます。

 

お店の外観 です。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20160201220132j:plain

寂れてましたが2011年には営業してました。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20160201220623j:plain

手書き風(?)の紙袋は、今もとってあります。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20160201220022j:plain

左が「忘れんぼのバナナケーキ」右はなんだったっけ?写真ボケボケですみません。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20160201220228j:plain