Dogwoodの池上日記

地元大田区池上・蒲田と軽井沢・信濃追分を愛するDogwoodの日々徒然日記。

白金 山本現代の "LINE AND CLAY" by Bruce Bickford

池上で知り合ったアメリカ人の友人がいまして、サンフランシスコで美術 芸術を教えている人なのですが、昨年末に高松で開催されたイベント「Georama2016」に続き、今年2月にも都内でのイベントのために来日していました。どちらも、彼の友人である、シアトル在住のBruce Bickford (ブルース・ビックフォード)という人と一緒に来ていて彼の展示会やイベントのサポートで来ていました。Dogwoodは不勉強でして、知らなかったのですが、このブルースという人は、ミュージシャン、フランクザッパのPVアニメーションを長年製作していた人で、粘土で作った人形やジオラマを山ほど作り、それを1コマごと撮影して、独特のアニメーション風の動画を作ることで知られる、その世界では知る人ぞ知る、有名な「巨匠」なんだそうです。(説明が違ってたらスミマセン、友人の説明を要約したら、こんな感じでしたので)また年齢は60代後半で、ベトナム戦争も経験しており、その風貌からも想像つきますが、私生活はとても変わってて、ある意味「ムズカシイ人」なんだそうな。

今回、渋谷での音楽イベントとのコラボや、本人参加によるエキシビジョンなどもあって、友人からも誘われていたのですが、都合が合わず、彼らの来日中にイベントに行くことができませんでした。もう既に2人とも帰国しているのですが、白金の「山本現代」というスペースギャラリーで、2/20までブルースビックフォードの作品の一部と、ビデオの展示をしているというので、最終日に池上から車で行ってきました。

国道1号を五反田方面に約10km、白銀高輪駅から徒歩で約10分くらいのところに「山本現代」がありました。白金らしくない、普通の住宅街の中にある、普通のマンションの3階へ、エレベータで上り、扉が開くと同時に、30坪程の薄暗い会場に着きました。ビデオ上映の音が響き、粘土やジオラマのクレイ作品とデッサンが展示されていました。受付も何もないので、取り敢えずノートに名前を記帳。料金もフリー。午前中に着いたのですが、既に4人の若い見学者がいて、熱心にビデオや展示作品を見ていました。これで商売成り立つの?まあ、いいか。作品の一部が展示されていて、見学自体は10分程度で一通り見ることが出来ました。作品解説などの説明書きは一切無し。「みたけりゃ勝手にどうぞ」オーラが漂ってました。写真撮影もオッケー。

フランクザッパは、前から顔と名前だけは知ってはいましたが、それほど聴いたわけではなく、ましてやPVまで意識して観てはいませんでした。Youtubeで改めて見てみると、デジタル処理がまだ無いアナログの時代に、気が遠くなるような手作業と時間をかけて作られた作品は、まさに圧巻で、時にグロで、狂気、生死、不条理など、観る人の心に訴えるものがあります。今回来ていた私の友人もバンドをやっていて、アメリカでCDも出しているのですが、ジャケットを見ると、ブルースに影響を受けているように思いました。帰ってからネットで検索すると、彼を崇拝するアーティストが沢山いるのに驚かされました。何とも不思議な感覚になる展示会でした。

 

http://www.yamamotogendai.org/japanese/exhibitions

 

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20160220134034j:plain

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20160220143748j:plain

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20160220143826j:plain

ブルース・ビックフォードの詳しい説明がネットにたくさんでています。

matome.naver.jp

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20160220141645j:plain