Dogwoodの池上日記

地元大田区池上・蒲田と軽井沢・信濃追分を愛するDogwoodの日々徒然日記。

ブックオフ多摩川大橋店に本を売る!

家の本棚に、これまで買った本が溢れかえっていて、さらにベッドの下の引き出しにも満杯になってきました。これではイカんということで、子供にも手伝ってもらい、断捨離する事にしました。ちょうど、次男がアマゾンで買ったオートバイのヘルメットが届いたので、その50cm四方の大きな箱をキープ。その箱に、手当たり次第、もう読まない本、いらない本を放り込んで行きました。合計で39冊、ブックオフで100円で買った文庫本や、ハードカバーの本も半分近くありました。あとはもう読むことの無い児童書。孫が出来たらまた買えば良いさ。そうしないと、日本の経済が活性化しないからさ。と、自分と妻に言い聞かせて、池上から車で約10分のところにある、国道1号線沿の多摩川大橋店に、車で持ち込みました。1階の入り口付近にある、受付に台車で持っていくと、まず店員のお兄さんに、幾つかの確認項目、箱は捨てても良いのかとか、身分証持っているとか聞かれます。質問を全部クリアすると、「計算に40分ほどかかります」とのこと。番号札10番を受け取り、2階の古本コーナーで、マンガを読んで時間をつぶします。ここ多摩川大橋店は、2階に古本、CD、DVD、服、時計、ギター、家電などのコーナーがあるので、小一時間あっと言う間に過ぎてしまいます。この時、家にあった使わないノートパソコン3台も、ハードディスクを外した状態で持ち込んでましたが、こちらは早々にジャンク扱いとなり、全部で300円也。そして約40分後に、「番号札10番でお待ちのお客様、計算が終了しましたので、1階受付までお越し下さい」とのこと。こちらは、39冊で895円也!まあ、家の中の整理整頓が目的であって、引き取ってくれれば、お金はタダでもありがたいと思って出したので、戻ったお金は、手伝いしてくれた子供のお小遣いに消えました。一冊あたり25円の計算。まずまずの結果だと思いました。伝票を見ると、本の方は何冊かタイトルまで記載されています。想像するに、新品で買った本を、インターネットで相場を査定したのでは無いかと思います。それでも一番高い値段がついたのは、150円ですから。ブックオフで一冊100円で買った本は、ハードカバー本は5円、文庫本で20-30円で買い取られることもわかりました。

しかし、ブックオフの儲けの法則が、何となく分かった気がします。100円で下取りしたジャンク品のパソコンを、恐らく10〜20倍の値段で売るんですからね。そりゃあ儲かるわ、さすが一部上場企業ですもんね。お金が第一目的だとガッカリするでしようが、断捨離や整理が目的の人には、良いお店なのではと思います。また断捨離第2弾を計画します。

 

以下、本買取のレシート公開です。

偏差値30からの、、が一番高い!

と、いうことは新書で買った?

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20160311204036j:plain