Dogwoodの池上日記

地元大田区池上・蒲田と軽井沢・信濃追分を愛するDogwoodの日々徒然日記。

軽井沢ミステリー3 〜 火曜サスペンスドラマ 「春待ち人」のこと(2003年放送)

前にここで書いたかどうか、定かではありませんが、千ヶ滝西に、昔妻の実家の会社の保養所がありました。子供が産まれてから、毎年夏に使わせてもらった、思い出のある場所です。軽井沢を好きになった第一歩は、ここを拠点に始まったとも言えます。残念ながら、その会社は、時代の波に乗れずに倒産してしまい、リビングに暖炉のある保養所も手放してしまいました。それから数年たった、2003年4月のある夜、妻の姉から突然電話がかかってきました。出ると、「早く4チャンネル見て見て!」と。慌ててテレビをつけると、既にエンディングロールが流れていました。しばらく見ていると、何処かで見たことのある部屋と暖炉が、、。そう、あの手放してしまった保養所でした。見慣れた大きな暖炉の前で、小野寺昭坂口良子が微笑んでいるではないですか!ビデオデッキを起動する間も無く、番組は終了。新聞の番組表を見ると、「火曜サスペンスドラマ 軽井沢ミステリー3 春待ち人」  それから、ずっと、ずっと10年以上探しました、待ちました、再放送を。今時youtubeなどで、すぐ見れると思っていた私がバカでした、ゴメンナサイ。しばらく忘れかけていた中偶然に、昨年BSで再放送されたのです。もちろん高画質で録画しました。始めから見ると、ドラマのストーリー自体は正直、大して面白くもなく(失礼!)、これが永らく再放送されなかった理由なのかと。ですが、この場所に凄く強い思い入れのあるDogwoodには、涙が出そうなほど、感動でした。カーテンの柄や暖炉は、私たちが使っていた時のそのままで、映し出されていたからです。

昨年も、ここの前を通ったのですが、他の方がリフォームをして、定住されているようでした。雰囲気は変わってしまいましたが、この近くを通るたびに、エンディングに流れた、安全地帯の「出逢い」という曲と、当時の楽しかった思い出が蘇ります。私にとっては、永久保存版のドラマとなっています。

 

火曜サスペンス 軽井沢ミステリー3「春待ち人」の再放送画面キャプチャから。

殿下(古い)こと小野寺昭さん。左は、坂口良子さん。(3年前の2013年3月27日没)

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20160411211752j:plain

これがまた立派な暖炉でして。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20160411211901j:plain

 

こちらは、Dogwoodが1998年に撮ったビデオから。上の写真と同じアングルで。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20160411210246j:plain

暖炉の上の石とカーテンの柄が同じでしょ。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20160413212521j:plain

それともう1つ、この再放送を見て驚いたのは、昔ここで子供と一緒に作って、外の木に取り付けた巣箱が、ドラマの中にも映っていました。私達の後に住んだ方が、巣箱を外さずに残していてくれたと知って、チョッと嬉しくなりました。

 

1998年夏、子供と外のデッキで鳥の巣箱を製作。指さす手の先の木に取り付けました。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20160411210022j:plain

それがこれ。頑張って高いところに付けたんですよね~。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20160411210118j:plain

この時は、まだ出来立ての新しい巣箱でした。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20160411210155j:plain

 

その数年後に放送されたドラマに、上の巣箱がはっきり映ってました(矢印)!

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20160411213218j:plain

 

外のデッキで会話する坂口良子紺野美沙子の間に映る、懐かしの巣箱に、もうドラマそっちのけで、盛り上がりました。

たまたま、この場所がドラマのロケに使われていなければ、一生知らなかった話でしょう。ここを使ってくれた製作会社と、あの日電話をくれた妻の姉、本当にグッジョブ!でした。ありがとう。