Dogwoodの池上日記

地元大田区池上・蒲田と軽井沢・信濃追分を愛するDogwoodの日々徒然日記。

転職までの道のり (下丸子から湘南台編)

この前、「最初に入った会社のこと」を書いたので、その続編です。

34歳で、会社を自己都合退職した後、下丸子に本社のある会社の、転職試験を受けました。面接では、何故か10年以上も前の大学時代の成績について、散々disられた挙句、履歴書に書いた前の会社の最終役職(統括係長)を、「本当なの?(信じられないから)名刺を見せて欲しい」と。渡した名刺を見て「ふ~ん」だって。結局、その名刺は返してくれませんでしたね。そして、その日の夕方、家に帰ると、既に「不合格」という結果を、電話で家内に告げるという、超速攻技をキメられましたっけ。あの時、その会社からの事前の書類には、確かに「どうぞ普段着でお越し下さい」と、ご丁寧に書かれていました。正直者のDogwoodは、その通り、ノーネクタイのビジネスカジュアルの服装で行きました。(面接は真夏の土曜日で、その会社は休日。クールビズなんて言葉が生まれるちょっと前の事です)なのに、私以外、全員ネクタイとスーツで来てやがる。しかも採用側もネクタイしてるし、何だそれ、話違うやん。「それが落とされた原因じゃないの〜、」、、って妻は言ってたっけ。騙されたお前が悪いよと。なら最初からそんな事書いた紙送るなよと。それからというもの、採用面接には必ずスーツで行ってました。

そして、ダメモトで受けた外資系企業の面接。白いポロシャツを着た、真っ黒に日焼けしたオジさんが、いきなり「タイ飯何が好き?」「いつもどのあたりで飲んでた?」「タイ語どの位できる(タイ語で)?」と、もうタイの事しか聞かれませんでした。こっちも、腹をくくっていたのと、タイには嫌というほど行かされていたので、ハッタリかましまくったところ、「いゃ〜、いいね~」の一言で合格。その面接官は、品質部門の部長で、私の前の会社の、親会社を辞めて中途で来た人でした。「給与査定をするので、前の会社の最後3ヶ月分の給与明細を出すように」と、人事に言われて、そのまま出したところ、「えーっ?これしかもらってなかったの?君、ラッキーだね!」だって。そりゃあそうですよ、前の会社の最後3ヶ月の給料なんて、会社を畳む直前でしたもん。人事に言われた通り、転職後、すぐに給料は上がるわ、「休みは絶対取れ」と上司から言われるわ、いきなり英語で会議をやるわ、何とも信じ難い状況に面食らったものでした。これが外資系か、、、と驚きましたが、全て良かったとは言えないこともありました。それはまた今度書こうと思います。

 

写真は、不採用になった下丸子の会社近くにある、日体荏原高校野球部の専用グランド。記事とは全く関係ありません。私の母校でもありませんが、この土手からの野球観戦、この季節は良いですよ〜。春、秋のブロック大会の会場にもなっいます。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20160328221229j:plain