読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dogwoodの池上日記

地元大田区池上・蒲田と軽井沢・信濃追分を愛するDogwoodの日々徒然日記。

運命の出会いの予感?

6月12日に、池上線沿線のペットショップで出会った、ミックス犬「まるぷー」を諦めた記事を書いた後で、なかなか踏ん切りがつかなかった妻は、いろいろとネットでも調べていましたが、「他のペットショップにも行って、見てみたい」と言い出しました。

そこで、19日の日曜日、コーナン本羽田萩中店に行ってみました。大きなペットコーナーには、確かに可愛いらしい子犬が何匹もいたのですが、どの犬も、いま一つピンとこない様子の妻。自分も、窓の無いホームセンターで、ちょっとせわしない雰囲気(個人的な感想)や、家から少し遠いせいか、「ここで買いたい」という気持ちには、なりませんでした。でも、お値段は、これまで見てきたペットショップの中では、コーナンが最も安い価格でしたね。お客さんも、ひっきりなしに来ていて、自分たちが見てる間にも、1匹のワンちゃんの、「新しいおうち」が決まった瞬間を見ることが出来ました。

 

コーナンを出た後、妻は「先週も行った、下丸子のペットショップに、もう一度、行って見てみたい」と言うので、ペットショップのはしごを敢行。「窓ごしに見るだけでは、わからない」という妻の意見には、Dogwoodも賛成です。下丸子のペットショップは、何度も行ってるし、やはり家から近いと安心します。そこで最初に気になった、マルチーズを見せてもらうことにしました。今年の3月からお店にいるという、ちょっとだけ、目のまわりが涙焼けで、赤くなっていますが、体の毛は真っ白で、カワイイ顔をした男の子でした。先週の「まるぷー」のような、ペロペロアピール?は全く無く、大人しく、ちょこんと妻の膝の上で抱っこされてました。それはそれで、とてもかわいいし、お店の人も、質問に親切に対応してくれました。セール期間中で◯万円引き、、にも心惹かれましたが、妻は「逆に、その大人しすぎるのが、心配なの」とも言ってました。贅沢だな。もちろん、お店の人は「これは性格なんです」と。確かに、元の部屋へ戻すと、元気良く動き回っていました。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20160620214943j:plain

 

さらに、このお店には、50万円(!)の黒い小さなトイプードルもいて、妻は、マルチーズの次に、そのわんちゃんも抱っこさせてもらってました。

「この子がいい!」って言いだしたらどうしよう、、という、セコイ不安もつかの間、すぐにお店の人に返していました。(後で妻曰く、「体が臭かった」だと。ったく、、)2箇所のペットショップで、じっくり観察して、やはり「先週のワンちゃん以上の子はいないね~」という結論に至りました。

 

そこで、思い切って先週行った雪谷大塚のお店に電話して、聞いてみました。あの子がもう「成約済み」だったら、完全に諦めがつくってもんだし。と、珍しく?意見が一致しました。意外にも、電話口からは「先週のワンちゃん、まだお店にいますよ!」とのこと。そうか、まだあのマルプーの子いるのか、、

それなら、「じゃあ、もう1回会いに行ってみようか、先週とは印象も変わっているかもしれないし、、」ということで、この日3軒目のペットショップへ行くことに。

 

お店に向かう途中、なんだかドキドキしてきました。そしてお店に入ると、、、あら〜〜!いたーっ!!こっち見てる〜!

 その続きはまた次回ということで、、、

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20160620214446j:plain