読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dogwoodの池上日記

地元大田区池上・蒲田と軽井沢・信濃追分を愛するDogwoodの日々徒然日記。

Dogwood家に来た「プー丸」君、初日の様子「トイレ&初めての夜」編

先週末からDogwood家にやってきた、四男のミックス犬「プー丸」。

用意してあった1階のリビングのケージに入れると、そわそわ落ち着かない様子です。

「ここはどこだ?」と言わんばかりに、クンクン、ウロウロしています。それでも声をかけると、尻尾を振って、こちらを見つめて、立ち上がらんばかりの勢いで寄ってきます。手でなでると、さらに尻尾を振って、その手をなめようとします。

新しい環境に慣れるまでは、一週間位かかると、本やネットにも書いてあったし、散歩デビューはまだ少し早いかなぁ、、

ということで、最初の運動は家の中(リビングだけ)に限定して、遊ぶ時間も、言われた通り、20分を限度にして様子を見ることにしました。

まずはケージに慣れさせて、、、

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20160628222523j:plain

まずは、トイレのしつけから始める必要がありました。お店の人から、「命中率は低いんですよ~」と、半分あきらめ顔で言われていましたが、水を少し飲んだ後、いきなり妻の手作りの冷感マットに、しゃがんだと思ったら、黄色いオシッコをシャー、、、

 

記念すべき?プー丸、初めてのシャー!(動画をキャプチャしたものです)

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20160628223559j:plain

ありゃりゃ、、仕方ないよね。叱らない叱らない、、、そっと片づけて、新しいのを敷き直しました。

この日、Dogwoodは、渋谷でチャーのライブを観に行くため、3時ごろ出かけ、後は妻と三男に任せました。

夜帰ってきて、妻に話を聞くと、その後も何回かオシッコをしたそうですが、全てマットの上でしてしまったそうです。

でもウンチだけは、きちんとトイレシートの上で、することが出来たとのこと、大げさに褒めてあげたそうです。トイレのしつけは、これから大変そうですが、忍耐強くやって行こうと思います。

 ご本人は、遊び疲れると、ダラーっとしています。トイレ何とかしないとなぁ。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20160628221009j:plain

その日の夜、寝る時間になり、プー丸をどこで寝かすか相談しました。まだ外は気温が高いため、1階のリビングのケージの中に一人(一匹)置いて寝かせるよりも、2階の三男の部屋で、一緒に寝かそう、、ということになりました。小さめの、お休み用のケージを買っていたので、そこにも寝床の冷感シーツと、トイレシートを敷き、水もセット。三男と同じ部屋で、28度位でクーラーをつけて寝れば、安心で良いかな、、、と。

じゃあね、 「おやすみ~、、、」と言って三男と別れた直後でした。それまでとても大人しかったプー丸が、いきなり三男の部屋で、、、

 

 

 

う―、ワンワンワンワン~ !! ワンワンワン~ ウーッ ワンワンワンワンワンワン!!!

 

 

 

隣のDogwoodの寝室にも、ガンガン聞こえてきます、えーっ?こんなに鳴き声大きかったっけ? ビックリです。息子には、「吠えても絶対に叱るなよ、声もかけるなよ。放っておけば止むから」と、参考書通りの忠告もむなしく、しばし吠え続けていました。ご近所には、明日謝りに行こう、、なんて考えているうちに、チャーのライブの後飲んで疲れていた自分の方が、先に寝てしまいました。

翌朝聞くと、吠えていたのは、せいぜい10分位で、それ以降は朝まで大人しく寝てくれたそうです。(息子は良く寝れなかった、、、と言ってましたが)

 私の勝手な想像ですが、2階の息子の部屋そのものが、プー丸にとっては、リビング同様、初日であり、新しい環境でした。初めての夜(初夜ってか)に、三男と一緒とはいえ、初日からストレスを与えちゃったかな、、、プー丸君、ゴメンね。

それまで、ほとんど鳴き声を聞いたことがなかった、プー丸の、新しい一面を見た夜でした。これもまた生きている証拠だね。これはこれで、ゆっくりと解決出来るように、楽しみにしていこう。