読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dogwoodの池上日記

地元大田区池上・蒲田と軽井沢・信濃追分を愛するDogwoodの日々徒然日記。

妻と義母と3人で、セキセイインコを求めて川崎へ!

入院していた義母の帰りを待っていたかのように、14年一緒にいたセキセイインコが、逝ってしまった記事を書きました。もちろん本当の話しです。その後、義母が少し気落ちしてしまったので、新しく小鳥を飼ったらどうかと、妻が提案しました。1人暮らしなので、話しかけたり、答えたりしてくれる声を聞くのが、脳の活性化にも良いとおもうし。3人で、近くでセキセイインコを売ってる店を探して行ってきました。一番近くだと、洗足池の側にある大型ペット店に3羽程いましたが、お気に入りの小鳥はいませんでした。というか、この綺麗でオシャレなお店で、鳥を買うのは、何かちょっと違うなぁ、という気持ちがあったのだと思います。

さらに調べると、川崎市中原区新丸子駅の近くに、小鳥専門店があること知り、あまり期待せず行ってみることに。家から約6kmと、意外と近いところにお店はありました。

お店の名前は、「芝辻」さん。先代から、かれこれもう50年もやられてるそうです。これです!私たちが望んでた、理想の小鳥屋さんは。外観からして懐かしい風景ではないですか!外にいる小鳥の数もハンパないです!さあ、店の中へGO!

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20160724220443j:plain


こちらが店内の様子。中にも沢山の鳥が。まるで昭和にタイムスリップしたかのようです。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20160724220720j:plain

お目あての、セキセイインコですが、いました、いました。ちょっと珍しい色の、産まれて2か月の、この子に決定!ご主人の手や肩に乗って慣れてる感じでした。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20160724220858j:plain

店の中には、籠から出てる白い文鳥?もいたりします。ご主人も奥様も全く気にせず。大丈夫?逃げないのかな?

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20160724221243j:plain

 外から、鳩が勝手に入ってきて、落ちてるエサを普通に食べに来ては、また出て行きます。


f:id:Ikegamiblog_tokyo:20160724221415j:plain

お店の外観も昭和の雰囲気満載です。落ち着くな〜。

親切なご夫婦に、いろいろ教えて頂きました。鳥かごの中の渡り木も、ご主人がのこぎりで、サクッと作ってくれました。ありがたいです。これからも長く続けてほしいお店です。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20160724221555j:plain