読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dogwoodの池上日記

地元大田区池上・蒲田と軽井沢・信濃追分を愛するDogwoodの日々徒然日記。

またオリンピックの話(タイ初の金メダリスト)

たまたま早起きして、テレビでオリンピック女子重量挙げの試合を観ていたら、タイの選手が、圧倒的な差をつけて金メダルを獲っていました。

タイには、前の会社(TV製造工場)と、現在の会社(IT製品製造)で、数えきれないほど出張してきたので、この国の選手が活躍しているのを見ると、ついついウレシクなって、応援したくなります。さすが、「微笑みの国」と言われるタイ、このメダリストの笑顔も印象的でした。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20160808220201j:plain

タイとオリンピックで思い出すのが、今から20年前の、アトランタで、ボクシングのソムラック選手が、タイ国史上初の金メダルを獲った時、ちょうど前の会社でタイに1ヶ月程出張していたんです。社内、街中どこに行っても、ソムラッ、、、ソムラッと聞こえてきて、あちこちでボクシングの真似事をしてる兄ちゃんを見かけました。ちょっとした「ソムラックフィーバー」が起こっていた時でした。

前の会社のタイ工場は、バンコク市内から、当時の国際空港を通り過ぎて、40kmほど北の工業団地にありました。

その日、会社の食堂で休憩していると、工場長が来て、「すぐにバンコクへ帰らないと大変なことになるぞ!」と、あわてた顔で言ってきました。何でも、ソムラック選手が、タイに帰国して凱旋パレードをやるんだそうな。そのため、空港からバンコクまでの道が大渋滞して、何時間かかるかわからないので、今すぐ帰るようにとの指令が下りました。

これはラッキー!と、昼過ぎにバンコクへ帰り、買い物や、観光をすることが出来ました。夜ホテルに戻り、テレビをつけると、どのチャンネルをつけても、ソムラックだらけ。それほど、タイ国初のオリンピック金メダルというのは、当時の大ニュースで、スゴイことだったんだなと、実感しました。その後彼には、報奨金など40億円以上のお金が流れ込み、人生を狂わせたとも言われています。というか、取り巻きがおかしくしたと言った方が正解かな。飲料水の会社を始めたり、俳優になって映画に出たり、不動産投資したりと、好き放題やってたようです。その後の浮き沈みは、日本のテレビでも話題になっていましたが、それもなんだか、「マイペンライ(問題ないさ!)」のタイ人らしくて好きだなあ。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20160808222627j:plain

日本では、金メダルの報奨金が500万円ですか、、、それも少なすぎる気がしますが、、、

そう、このソムラック選手、前世界フェザー級チャンピオンの内山高志選手と、2002年にアマチュア時代にタイで試合をしていました。全然年齢も世代も違うという印象なんだけど、6歳しか違わないというのは驚き。内山選手は、今でも現役だし。それだけ両選手のキャリアは長かったんですね。