読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dogwoodの池上日記

地元大田区池上・蒲田と軽井沢・信濃追分を愛するDogwoodの日々徒然日記。

池上で、「第1回ちょい呑みフェスティバル」が開かれるって!

町の掲示板に何気なく貼られていたチラシに目が止まり、心惹かれる文字を見つけました!

 

その名も、、、

 

「第1回 池上ちょい呑みフェスティバル!」二日間限定です。28日、29日って、、、、

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20160913205927j:plain

平日じゃん。まあ呑むのは、どうせ夜だから別にいいのか。逆にお客さんは、サラリーマン中心だろうから、平日の方がいいのかな。

 

結構メジャーな街で、このようなイベントをやっているのは知っていましたが、ついに、我が町、池上にも「来た~っ!」って感じでしょうか。確かに、チラシにも「ついに池上にやってきた!」って書いてありました。どのようなシステムかというと、、

 

その1 前売り2,400円、当日 2,500円の「ちょい呑み券」というのを買います。

その2 参加店舗の中から行きたいお店を3店選びます。

その3 その3店をはしごして、心行くまではしご酒を楽しむのだそう。

 

ちょい呑み券1枚で、ドリンク1杯と「ちょい呑みおつまみセット」が付くのだそうです。参加店舗を見ると、Dogwood行ったこと無い店ばかり。17店ほどありました。結構ありますね。

思うに、主催者の池上地区商店街連合会の世話役(実行委員)の方々が、大田区観光協会、池上の協賛企業(城南、湘南信用金庫、パチンコARROWS、カクヤス)と折衝して、このイベントの実行にこぎつけたのでしょう。お疲れ様です!

池上の活性化のためにも、この第1回目のイベント、成功させてほしいですね。もちろんDogwoodも参加する予定です。

 

2,500円で3店をはしごするので、最低でもお酒3杯、おつまみ3種類食べられるわけですから、お得な感じがしますよね。

ちょい呑み券を2枚買って、6店をはしごするのもOK。(6店を選んで回るのも大変そうだけど、、)

参加店舗側も、いくら「ちょい呑み」だからと言って、しょぼいつまみを出すと、初めて来たお客さんは悪い印象を持ちますよね。

それを避けるためにも、お店は、少量でもそれなりの自信作を出してくれるのではないかと、秘かに期待をしちゃいますな~。

なので、Dogwoodは、今まで行ったことがないお店に行ってみようと思います。そこでウマいつまみに出会えたら、「次も行きたい!」「他のメニューも食べてみたい!」と思いますもんね。お店の方も、そちらを期待しているのではないでしょうかね、このイベントでの儲けよりも。うーん、そう考えると今から楽しみだ!