読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dogwoodの池上日記

地元大田区池上・蒲田と軽井沢・信濃追分を愛するDogwoodの日々徒然日記。

今も記憶に残る洋楽ライブ ローリングストーンズ編

 ラッシュ、ユートピア、エイジアと、印象に残っている来日ライブを紹介してきましたが、この大ベテランを外せません、ローリングストーンズの2014年3月4日、東京ドームのライブにも行っていたのを、ついつい忘れていました。実はDogwood、1988年のテキサス州ヒューストンのライブを観に行っています。20代のころ、前の会社でアメリカに出張していた時に、休みを利用して自分でチケットを買って、アストロドームに1人でライブを観に行ってきました。今思うとチャレンジャーでしたね、大して英語も出来ないのに、行動力だけはあった頃でした。この時の前座は、若手黒人ハードロックバンドの、リビングカラー。前座の始まりが、夜の8時くらいだったと思います。ストーンズは9時過ぎ、、Start me upでオープニングからもう総立ち!終わったのは夜の12を時過ぎてました、、、車のないDogwoodは、バカでかい駐車場をトボトボと歩いて、ようやくタクシーを拾って帰ったのは、夜中の1時過ぎ、、、治安の悪いテキサスで、よく無事に帰れたもんだと、後で考えるとゾッとしたのを覚えています。その時に買ったツアーTシャツを、サンディエゴのコインランドリーで目を離した隙に盗まれたという、苦い思い出があります。

 そして2014年、東京ドーム。2階席でしたが、よくチケットが取れました!先輩、ありがとう!アリーナ席は、確か10万位したような。望遠鏡で見ると、アリーナ席には、ストーンズには似つかないスーツのオッサンに、和服の女性の観客がずら~り!ミックもキースも驚いたことでしょう。オープニングは、20年前と同じStart me up でした!

当日のセットリストが、これ。音も良く聞こえて、ベスト版を観たという感覚です。

Start Me Up
You Got Me Rocking
It’s Only Rock ‘N’ Roll (But I Like It)
Tumbling Dice
Angie
Doom And Gloom
Silver Train (Fan vote – with Mick Taylor)
Honky Tonk Women
Band Introductions
Slipping Away (with Keith on lead vocals and Mick Taylor joining on guitar)
Happy (with Keith on lead vocals)
Midnight Rambler (with Mick Taylor)
Miss You
Paint It Black
Gimme Shelter
Jumpin’ Jack Flash
Sympathy For The Devil
Brown Sugar

ENCORE
You Can’t Always Get What You Want
(I Can’t Get No) Satisfaction (with Mick Taylor)

お客さんの年齢層が高いこと!人のこと言えませんが、、、

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20160923222057j:plain

 2階席からステージを見ると、こんな感じ。望遠鏡が役立ちました!

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20160923222201j:plain

 グッズコーナーは長蛇の列!やっぱりストーンズ世代のお客さんって、お金あるんですね~、主催者もわかってらっしゃる!Dogwoodは何も買いませんでした。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20160923222348j:plain