読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dogwoodの池上日記

地元大田区池上・蒲田と軽井沢・信濃追分を愛するDogwoodの日々徒然日記。

軽井沢大賀ホールからのクリスマスカード!

昨年のゴールデンウィークに、軽井沢の大賀ホールで、チャーのライブを観て感激したDogwood、当日の会場アンケート用紙に、感想と住所と名前を書いて投函したところ、以来コンサートの案内が送られてくるようになりました。年会費を払っている訳でもないのに、有難いことです。先日クリスマスカード風のコンサート案内が送られて来ました。紙質も良く、お金をかけてるなぁという印象のデザインとセンスの良いカード。さすが、大賀さん肝いりのコンサートホール。クラッシックだけではなく、ポピュラー、ロック、フォーク、、一般や学生の合唱団、吹奏楽にも貸し出す、幅の広さ、懐の深さに脱帽です。Dogwoodは、大賀さんがソニーの社長、会長時代に、何度かご本人を至近距離で見た事があります。指揮者もされていただけあって、姿勢が良く、佇まいにオーラが感じられました。このころのソニーは、盛田、大賀体制の全盛期で、出す製品全てがヒットしていた時代だったような記憶があります。大賀さんのOKが出ないと、製品として発売出来なかった話しも聞いたことがあります。外に出てわかった事ですが、ソニーは昔ながらの日本企業と比べると、かなり風通しは良かったように思えます。さん付けで呼んだり、学歴不要論なんかも、かなり無理して外向けにアピールしてたように思えます。それでも外資系に比べると、まだまだ「わびさび」の部分がたくさんありました。ソニーは、日本企業と外資系企業の中間にいたような感じがします。話はそれましたが、この大賀ホールからのクリスマスカードを見て、軽井沢ソニー、チャー、、何か「引き寄せの法則」でも働いているのかな?と、勝手な想像を働かせるDogwoodでありました。 

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20161206155529j:plain

 

 

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20161206155822j:plain

 オーケストラからビリーバンバンまで幅広いジャンルのコンサート案内です。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20161206155607j:plain

 こちらは、昨年のチャー!

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20161206221340j:plain

  今年の1月に、当ブログを始めたばかりの時に書いた記事です。

お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村