読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dogwoodの池上日記

地元大田区池上・蒲田と軽井沢・信濃追分を愛するDogwoodの日々徒然日記。

「せたがや梅まつり」に行ってきました!

 この日曜日は、池上梅園でも梅まつりが開催されていましたが、Dogwoodとプー丸は、訳あって世田谷の実家に行っていました。この日は、まるで春のように暖かい晴天日。家の中にいては勿体無い!と、80過ぎの両親と、「せたがや梅まつり」に行って来ました。

 

「梅ヶ丘」という地名に相応しく、梅まつり会場の羽根木公園には、屋台が沢山出て、多くの人で賑わっていました。桜の時期の花見と違い、見た目の派手さは無いものの、小振りな梅の花を見たり撮ったり、皆さん、思い思いに楽しんでいました。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20170226215105j:plain

 

この公園内には、 昭和を代表する女流俳人中村汀女(ていじょ)さんの句碑があります。大きな石碑に刻まれていたのは、

 

外(と)にも出よ 触るるばかりに 春の月

 

という句。専門的なことや、背景の奥深さはわかりませんが、何とも叙情的で、春の夜の風景が目に浮かぶ俳句だと思いました。

そして、石碑近くの掲示板には、梅まつり俳句の会の、入選作品が貼り出されていました。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20170226213902j:plain

 実はDogwoodの母は、数年前からこの俳句の会で活動していて、今回出した俳句が、特選に選ばれて貼り出されていたのでした!それを見せたかったのですな。その俳句が、こちら。

 

我が道に 追う夢呉れし 梅の句座

 

先ほどの汀女さんの俳句同様、深い意味や、詳しいことはわかりませんが、この歳で打ち込めるものがあるというのは、素晴らしい事だと、我が親ながら思いました。お見事でした。

 

プー丸を連れて歩く背中が、どことなく誇らしげでもあります。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20170226214001j:plain

 

そんな事はつゆ知らず、「早く行こーよ」と、母親をグイグイ引っ張ります。あっ、何か閃いた?

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20170228214852j:plain

 

梅の花 そんなものよりオヤツくれ 

by プー丸 

 

わかったよ、、人混みで踏まれるのを避けて、早々に公園を出ました。

 

花まつりのパンフレット。今年で40年続いているそうです。3月5日までやってます。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20170226215450j:plain

 

3/05/2017 お詫び  

不適切な写真の掲載があるとのご指摘がありました。今後気を付けて参ります。

不快な思いをされた方に、この場をお借りしてお詫び申し上げます。

大変申し訳ありませんでした.。

 

お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 大田区情報へ
にほんブログ村