読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dogwoodの池上日記

地元大田区池上・蒲田と軽井沢・信濃追分を愛するDogwoodの日々徒然日記。

蒲田西口、理容「プラージュ」のコスパが最高な話

うちのワンコは、1回5,000円のトリミング(じゃぶじゃぶチョキチョキコース)に毎月行っていますが、自分はというと、2-3か月に1回、蒲田西口 サンロード商店街アーケードの、理容「プラージュ」さんを利用しています。

別に嫉妬をしているわけではありません!(毛の量が全然違いますからね)

 

雨の日でもほとんど濡れずに駅から3分以内で行ける立地もGoodです。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20170309205421j:plain

 池上にも、1,000円床屋があるけれど、ここはカットだけして、最後に掃除機で頭の毛をゴォーッと吸い取る方式。安いし、急いでいる時は良いけれど、洋服の襟がチクチクすることがあるし、何よりも終わった後のさっぱり感が無いのが寂しいかな。

 

「プラージュ」さんは、理容業界年商日本一をウリにしているだけあって、狭い店内はいつもお客さんで一杯。その理由は、何といっても料金!

カット、シャンプー、顔そり、髭剃り全部込みで1,400円(税込1,512円)という安さ。1階と2階で何人いるかわからない店員さんは皆若く、そこそこ丁寧にやってくれます。女性の店員さんもいて、注文も聞いてくれます。頭を洗った後、「顔自分で洗います?」と聞かれ、「洗います」と言うと、新しいタオルを手渡してくれます。蒸しタオルも出し惜しみなく使ってくれます。とにかくテキパキと、担当ごとに理容師が交代しながら、流れ作業で進みます。

以前はカット、シャンプー、ブローごとに自分で席を移動させられたこともありました。Dogwoodの場合、作業時間は約20分でした。早っ!

まさに、理容業界の「回転すし」!、「サービス業の薄利多売」を実現したビジネススタイルだと思いました。(本当か?それ)

 

蒲田という場所だけに、時々パンチパーマを当てにくる怖そうなオジサンも見かけますが、お客さんのほとんどは地元の中高年といった感じ。

朝は8時開店、夜も7時過ぎまでやっているので、平日の空いてる時間に行くのがおススメです。オシャレな若者はまず行かないと思うけど、うちは子供が小学生の時は、蒲田で夕飯食べたついでに、良く行かせました。

ここで髪を切った後は、近くの「蒲田マッサージ指圧院」で1時間揉んでもらって2,900円、床屋とマッサージをはしごして5,000円でお釣りがくるという驚きの安さ。しかも頭も体もスッキリ爽快!ささやかな贅沢ですが、これがあるから蒲田通いは止められません。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20160925172504j:plain

注:年末だけは、近所の床屋さんに行くようにしています。料金は4,100円と高いけど、蒲田には無いゆったり感があって、世間話をしながら、のんびり1時間かけて丁寧にヒゲの手入れまでやってもらいます。何よりも心が落ち着くし、こういう至福の時間も時には必要だと思います。

 

お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 大田区情報へ
にほんブログ村