読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dogwoodの池上日記

地元大田区池上・蒲田と軽井沢・信濃追分を愛するDogwoodの日々徒然日記。

大田区わんぱく相撲大会と、池上の相撲部屋の話

時々チェックしている地域の掲示板。今回見つけたのは、4月22日に大田区産業プラザで行われる、わんぱく相撲大会の案内。このところ、稀勢の里の優勝で、相撲界が再び活気ついていますが、この大田区わんぱく相撲大会も、今回で41回目という歴史があるようです。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20170405225932j:plain

 地元以外の方には、あまり知られていないかもしれませんが、ここ池上には、尾上部屋(おのえべや)という、元小結の濱ノ嶋が親方の、大田区初の相撲部屋があります。今やタレントで活躍中の把瑠都や、現役力士の里山関、天鎧鵬関も、尾上部屋です。

 さて、この大会には現在高校生の三男が、小学4年と5年の時に、2年連続で出場したことがありました。

(事前に申し込めば誰でも参加できる大会です、念のため。)

 

当時の三男は、クラスで身長は前から2番目、相撲とは縁のない小柄で華奢な体型でした。

負けん気が強い訳でも、相撲が大好きという訳でもなく、自ら出たいと言い出した時は、ちょっと驚きました。この大会には、尾上部屋が協力しているということもあり、子供の相撲大会よりも、当時人気だった把瑠都が来るかも?を期待して見に行きました。

この大会が結構、いや凄く面白かったので、少し振り返ってみたいと思います。(写真はビデオからのキャプチャーのため荒いです)

 

子供の運動会や、部活の試合を観たことはありましたが、相撲のような1対1の勝負は初めて。相撲は格闘技、いざ息子の対戦が近づくと、ボクシング好きの血が騒いだのか、自分の方がドキドキしてきました。

 そして、いよいよ三男(右)の出番。うわっ、相手の子デカっ!

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20170409230731j:plain

「はっけよ〜い、のこった!」

一気に土俵際に押されてる〜!秒殺か?と、思いきや、、、

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20170409230816j:plain

 おお〜っ、粘る粘る!土俵際で体を入れ替えた、、、とおりゃあー!えー?どこで覚えた、そんな技?

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20170409230834j:plain

 同体にも見えたけど、軍配は相手の勝ち。予選敗退ですが、観客を大いに湧かせてくれました。

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20170410220457j:plain

そして、大会終了後、ひときわ大きな歓声がする方を見ると、

 

 あっ!

 

f:id:Ikegamiblog_tokyo:20170410220828j:plain


把瑠都だ!


f:id:Ikegamiblog_tokyo:20170410220941j:plain

 でかいっ!笑顔で子供たちと握手してくれました。この頃からいい人?そうでしたね。


余談ですが、この相撲部屋、地元であまり話題に上らないのが、ちょっと不思議。また把瑠都みたいな看板力士が出てこないかな。ちなみに尾上親方の奥様が、池上ご出身なのだそうです。

 

お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 大田区情報へ
にほんブログ村