読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dogwoodの池上日記

地元大田区池上・蒲田と軽井沢・信濃追分を愛するDogwoodの日々徒然日記。

痴漢のニュースを見る度に思うこと

最近、電車内で痴漢と疑われた人が逃走して、最終的に死亡するという、ショッキングな事件が連続で起こりました。

そんなニュースを見るたびに、何とも言い難い複雑な気持ちになります。(あっ、もちろん自分はしませんよ!)Dogwoodは、かれこれ20年間、池上線、京浜東北線相鉄線を乗り継いで通勤している、中年サラリーマンです。幸い、電車がギュウギュウに混むのは朝の池上線の蒲田までの2駅間だけ。また、都心への通勤者とは反対方面のため、乗り換えが多い以外は、それ程通勤のストレスはありません。

これまでの長い電車通勤の中で、痴漢の捕り物事件を3回、間近で目撃したことがあります。1つは池上線の蒲田駅、あと2つはJR川崎駅のホーム。蒲田と川崎では、どちらも女性が男を取り押さえるという珍しい?光景で、最初は取っ組み合いの痴話喧嘩かと思いました。男はどちらも大人しそうな若い青年で、痴漢なんかしなくても、普通にモテそうな外見だったので、良く覚えています。警備員に取り押さえられて、「ああ、人生オワタ Orz、、」みたいな青い顔してたっけ。この時は、仕返し屋(フラれた腹いせの復讐代行業)の仕業じゃないか?と思った程です。あと1回は、JR川崎駅のホームから人ごみをかき分けて脱兎のごとく線路を走って逃げる若いサラリーマンの後ろ姿を見ました。警備員が非常ボタンを押して、物凄い勢いで追いかけて行ったけど、もし誰かがホームから落ちて電車に跳ねられていたらと思うと、今考えてもゾッとしますな。 

しかし、電車で痴漢行為をするというのは、普通の常識からしたら考えられないけれど、「警察密着24時」みたいな番組では、必ずお約束のように痴漢や盗撮で捕まってる男を見るので、本当に多いのでしょう。特殊な性癖か、もしくは通勤地獄のストレスからくる心の病気か、、、としか考えられないんですよね。だって捕まったら会社はクビに、学校は退学になるリスクを当然わかっていてやってるわけでしょうから。マトモな神経では絶対出来ないと思うのだけど。そのうち、「男性専用車両」ならぬ、「痴漢専用車両」なんて、恐ろしい名前の車両が出てこないことを祈りたいもんです。(んなワケねーか!)

 

都心でお勤めの皆さん、毎朝の電車通勤お疲れ様です。片手はつり革、片手はスマホ、、で世知辛い?電車通勤を乗り切りましょう!万が一疑われても、絶対逃げないように!

 

という、無難なコメントしか出来ないDogwoodでした。

 

お立ちより頂き、ありがとうございます。以下のブログ村に登録しています。良ろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 大田区情報へ
にほんブログ村